FC2ブログ

REAL BRASS

ストリートブラスバンド「REAL BRASS」のライブ情報その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボストンのリアルブラス

すわけいは今ボストンにいます。何をしているかと言うと、セネガルの太鼓サバールを習っているのです。

ボストンにはどういうわけかセネガルの人をはじめ、西アフリカから多くのミュージシャンが来ています。何もわざわざこんな寒いところに来なくても良いだろうと思うのですが、バークリー音楽院があったりして、音楽の環境が比較的豊かだからかもしれません。
ミュージシャンを目指す日本人も多く見かけます。近くにある日本の食料品/雑貨店の雑誌コーナーに「ドラムマガジン」が2冊も置いてあるのを見て一人で妙に得心していました。
生の演奏を聞かせるお店も沢山あり、うちのアパートの前の道を少し歩くだけで2~3軒あります。
一方で、FM局は充実しているとは言いがたく、くだらないポップス、うるさいロック、懐メロしかないといっても過言ではありません。その上、どういうわけか各局が同じ曲ばかりローテーションしています。U2の"Where the streets have no name"とか大好きな曲ですが、おかげで飽きてしまいました。車で移動するときはラジオを聴くので、上質な R&B, Soul, Funk, HipHop, Latin, Jazz あたりを流してくれないものかと常々思っております。

さて、わざわざボストンに行ってセネガルの太鼓を習うことも無かろうがと思われることでしょう。まさにその通り。そんなつもりは毛頭無かったのですが、ついうっかりサバールグループに出会ってしまったので、うっかり入ってしまったというのが実情です。サバールはコンガのような太鼓ですが、左手は素手、右手はスティックを握るところが違います。その分音はカラフルになります。右手のスティックで左手を叩いてしまうと一気にやる気がそがれるところが玉に瑕です。他のアフリカ系音楽と同様に完全に口承であり、『ギンチャウラギン・チャパチャパ』などと言いながら覚えます。自分は三歩歩くと忘れる性質のため、覚えるのに苦労しますが、一回覚えてしまえば、忘れないのが口承の良いところでもあります。
帰ったらこのサバールをリアルブラスで使うべく、『パチャギチャ・ウラチャギチャ』と口ずさむ日々なのです。

口承といえば日本も口承で伝えられている音楽が沢山ありますが、これはミツエの得意分野。と上手く繋いだつもりになって、今日はここら辺で。そして、ブログリレーはミツエに〆てもらいたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/21(火) 17:13:41|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8/27ストリート! | ホーム | ニューオーリンズのリアルブラス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://realbrass.blog25.fc2.com/tb.php/42-cc176065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。